読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニピンがくれたトイプードルとのご縁

虹の橋に旅立ったミニピンのりゅうがトイプードルのクッキーちゃんとのご縁をつないでくれました。

殺処分される犬猫を救うNPO法人にTポイントで寄付

メールチェックをしていたら、『【重要】ポイント有効期限は2015年04月30日まで』というタイトルのメールが目にとまったんです。

「ん?ポイントって何のポイントだ?」と思って見てみると、Tポイントの有効期限が近づいているというお知らせでした。

お客様が現在お持ちのTポイントの中に、有効期限が2015年04月30日までの期間固定ポイントがございます。有効期限を過ぎますと、ご利用いただけなくなりますので、お早めにお使いください。

ですって。

「Tポイントなんてためた覚えないけどなぁ。いつの間にたまったん?」と疑問に思いながら調べてみると、どうやら国華園さんでお買い物をしたときにたまったようです。

minipin.hateblo.jp

国華園さんは時々利用しているお店なのですが、これまでは楽天市場店で購入していました。ところが、残念なことに、楽天市場店は閉店になってしまったんです。閉店の理由がなんとも……。

ここで書いていいのかどうかわからないので、気になる方は検索してみてください。

檻に入れられている犬

Tポイントの使い道

今回たまったTポイントは、ほんのわずかなんですけど、無駄にするのもなんだしなぁと思って、使い道を調べてみました。

Yahoo!JAPANサービスの中だけでも、たくさんの使い道があるんですねぇ。

占い、オークション、ゲーム、宅配サービス、ショッピング、toto、旅行、本、LOHACO、GYAO!ストア……。

これに、提携しているインターネットサービスや街中にあるお店を加えると、使い道はよりどりみどりです。ドミノピザでも使えるんですね。

でもね、どれもこれも違うなぁ。という気分で。唯一ピンときたのが、ネット募金だったんです。

ネット募金で犬猫を殺処分から救う

ネット募金の項目を詳しく見てみたところ、バーン!と目に飛び込んできたのが 「ネパール 地震被害緊急支援募金」という文字でした。

「うん、そりゃそうやわ。今はネパールが大変なんだから」と思いつつ、右のほうに視線を移すと、「捨てられた犬や猫たちを救おう募金」という文字が。

う~ん……。正直、迷いました。

迷いましたけど、犬や猫たちの顔を見ているうちに、思わずクリックしてしまっていました。「捨てられた犬や猫たちを救おう募金」のほうを。

捨てられた犬や猫たちを救おう募金に募金したときの画面

犬と猫のためのライフボート

今回、私が募金したのは「犬と猫のためのライフボート」というNPO法人です。保険所で殺処分されそうになっている犬や猫たちを引き取って、世話をし、必要な治療を受けさせ、里親探しまで行っている団体です。

こちらの保護施設(シェルター)は千葉県柏市にあるそうです。

「犬と猫のためのライフボート」のサイトを見てみたのですが、サイトの中に「里親さんを待っている犬たち」というページがありました

2015年4月29日現在、子犬57頭、成犬29頭が里親さんを待っています。

とのことです。

たくさんの犬の写真が掲載されていました。どのワンコもかわいいよ。というか、かわいくない犬など、おるわけないやん。

保護されている犬の表情

掲載されている写真をよく見てみると、子犬のときから成犬になるまでの経過が載っているワンコがいるんですね。これはつまり、何年もの間、里親が見つからなかったということになります。引き取り手がないまま、成犬になってしまったと。

でもね、子犬の頃は不安げで寂しそうな表情だったのに、成犬になったときの写真では、とっても優しそうな目をしているワンコがいたんですよ。

なんかこう、ぐぐっとこみ上げてくるものがありました。シェルターで大事にお世話してもらっているんだなぁと思うとね。ほんとに優しい目だったな、あのワンコ。

高齢だったり、障害があったり、何らかの病気にかかっているワンコたちは貰い手がない可能性が高いです。里親が見つからないワンコたちも、この保護施設では最後まで面倒を見てもらえるんですよ。

愛のかたまりだな。

募金されたお金がどう使われるのか

募金されたお金は、犬や猫のご飯代、治療代、飼育に必要なグッズ代、人件費、施設の維持費などに使われます。

お金がたくさん集まれば集まるほど、犬や猫たちの暮らしがよくなるんですよね。お金が集まらなければ、どこかで費用を削らなければならない……。

動物を保護する団体がボランティアを募集していることがよくあります。限られた資金で活動を続けていくためには、ボランティアの力が不可欠なのですね。

平気で動物を捨てる人もいれば、捨てられた犬猫のために無償で働く人もいる。同じ人間なのに。

募金先はいろいろある

今回は「犬と猫のためのライフボート」に募金したのですが、他にも犬や猫を殺処分させないために活動している団体がいくつもありました。

「犬と猫のためのライフボート」はTポイントで募金する項目の一番最初のページで紹介されていました。最初のページに載っていたので、募金された金額は多いです。

次回は後ろのほうのページで紹介されている保護団体を選ぼうと思っています。募金された金額が少ないみたいなので。

ちなみに、「犬と猫のためのライフボート」に募金すると、特典がもらえます。愛くるしい犬や猫たちの壁紙です。パソコン用とスマホ用があって、どちらも4種類の画像が用意されていました。

私なりのTポイントの使い道が見つかったので、これからは、積極的にポイントをためることになりそうです。