読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニピンがくれたトイプードルとのご縁

虹の橋に旅立ったミニピンのりゅうがトイプードルのクッキーちゃんとのご縁をつないでくれました。

トイプードルのおしゃれなカットスタイル【自分で】できる?

クッキーちゃんと知り合ってから、ご近所にもトイプードルちゃんが何匹も住んでいることに気づきました。

よ~く見てみると、一見同じように見えるカットでも微妙に違っていたりするんですね。

いろんなスタイルを楽しめるというのはメリットですけれど、お金がかかるというデメリットもあります。

「クッキーのカットに私の美容院代と同じくらいかかる」と、クッキーちゃんの飼い主さんがおっしゃっていたことがありました。「へぇ、そんなにかかるのかぁ。経済的に余裕がないと大変だな」と思いました。

うちのごん太とりゅうは、どちらも短毛の犬でしたから、常にこざっぱりとした姿でした。な~んにもしていないのに、「あら。きれいにお手入れしてもらって、いいわねぇ」なんて言われたりして。

トリミングに結構なお金がかかるとか、予約が取れないといった理由から、自分で愛犬のカットをしている人もいますよね。

頭の毛を立ち上げているトープードル

トイプードルのおしゃれなカットスタイル

上の写真のワンコのヘアスタイル、カッコイイと思いませんか?ソフトクリームの先っぽみたいで。得意げな顔がまたいい感じ。それにしても、毛色がきれいですね。

あんまり見ないですね、こういうスタイルの子は。こんな頭でお散歩してたら、かなり目立ちますよねぇ。人間のように、ムースかジェルのようなもので立ち上げてるのかしらん。

リボンをつけたおしゃれなトイプードルn

この子は、かわいい!ただただ、かわいい。

「どちらのお嬢様ですか?」と尋ねてみたくなるような気品を感じます。

トイプードルの毛って、短いとクルクルッとカールしてるんだけど、伸びてくるとストレートになってきますよね。

耳の毛を床につきそうなくらいに長~く伸ばしている子もいます。まるで、ロングヘアの女性みたいに。お座りしている姿は、とても優雅で美しいんだけど、お散歩のときに邪魔にならないのかな?

この写真のワンコ、足のカットは、あえてボリュームを出しているんですね。上半身とのバランスを考えたスタイルなんだろうな。これで、足の毛を短くしちゃったら、頭でっかちになっちゃいそうですものね。

自分でできる?

トイプードルのカットを自分でしているという話は何度か聞いたことがあります。私のいとこのお嫁さんも自分でやっているそうです。

ただね、トイプードルは毛がカールしていて、もつれやすいので、ちょっと難しいところはあるみたいです。

特殊なカットスタイルのトイプードル

photo credit: Westminster Dog Show Toy Poodle via photopin (license)

こんなスタイルを自分でするのは到底無理ですが、こういう普通のスタイルなら、自分でできます。

白いトイプードル

バリカン

ペット用のバリカンがあります。プロのトリマーさんもバリカンを使っていますよね。

バリカンって、簡単に使えそうに見えます。でも素人が使うと、慣れないうちは、ものすご~く時間がかかってしまったり、まだら模様みたいになっちゃったりするようです。たとえ、性能がいいバリカンでもね。

あまりにも長時間だと、愛犬が耐えきれないかもしれません。そして、やむを得ず、途中で終了。中途半端な姿のワンコが……というハメになりがちです。

はさみ

器用な方は、はさみ1本でチョキチョキとトリミングされています。

バリカンを使うよりもはさみでザクザク切っていく方が、手っ取り早いみたい。ただ、はさみを使うなら、目の周りなどを切るときは十分に注意しないと危険です。

万が一、目に刺さりでもしたら……ゾッとします。

自分でしないほうがいい場合

バリカンやはさみで自分でトリミングをすることは可能ですが、やめておいたほうがいい場合もあります。

怖いと感じる

「失敗して、怪我をさせてしまったら……」と想像して、「怖くてできない」という飼い主さんもいらっしゃるはず。クッキーちゃんのところもそうなのですが、怖いという気持ちがあるなら、やめておくのが無難です。

飼い主さんがビクビクしているときって、犬にも伝わってますからね、絶対に。愛犬まで不安な気持ちになってしまいます。

しつけができていない

飼い主さんの言うことを聞いてくれない子だったり、じっとおとなしくしているのが難しい子の場合もやめておいたほうがいいと思います。

急に動いたりしたら、それこそ怪我をしかねません。

トリミング中に痛い思いをさせてしまったら、プロのトリマーさんの前でも警戒するようになってしまうかもしれません。ペット美容室に行くのを嫌がるようになったりでもしたら、後々、ちょっと厄介です。

似合うスタイル

その子によって、よく似合うスタイルがありますね。

耳の毛を少し長くしてみたり、短くしてみたり。口の周りのカットの仕方でも雰囲気が違って見えます。尻尾もアレンジできますよね。

クッキーちゃんは、全体的に短めにするのが一番似合います。尻尾は、先っぽだけ毛を多めに残して、筆みたいな感じにしてますよ。

今日も飼い主さんとお話してました。「だいぶ、伸びてきたねぇ」って。伸びるの結構早いですよね。左の口の横にピロロロ~ンと長い毛が飛び出ていました。おヒゲみたいに。

クッキーちゃん、カットした日は、首にバンダナを巻いてくるんです。ペット美容室のサービスで、バンダナを巻いてくれるんですって。かわいいですよ。今度はどんな模様のバンダナかな。

リボン

トイプードルはリボンが似合うでしょ。両耳の上につけてもかわいいし、おでこのところを結んでもキュートだし。

クッキーちゃんの毛が伸びているときに、「おリボンしましょか?」と話かけながら、頭の上の毛をまとめていたら、もうね、嫌がる嫌がる(笑)

お洋服についているフードをかぶるのさえ嫌がる子ですから。リボンなんか、とても無理です。

おしゃれするのも、性格的におとなしい子じゃないと難しそうだなぁ。

カットしないとどうなるのか

犬の毛は、ある程度で伸びるのが止まる犬種と伸び続ける犬種がいます。

トイプードルの毛は伸び続けます。ですので、ずっとカットしないで済ますというのは無理ですね。そのうちに、目が隠れてしまいますし。伸ばし続けていると、モジャモジャになるし、もつれるし。エライことになってしまいます。

それに、耳の中の毛もきちんと処理してあげないといけません。耳の中の毛を伸ばしっぱなしにしておくと、中耳炎になりやすくなってしまいます。耳の毛の処理もペット美容室でしてもらえます。

毛が伸びる犬種を飼うなら、定期的にペット美容室に通うか、自分でお手入れする必要があります。

うちの子たちみたいに短毛の犬だと、カットの仕方を変えて楽しむことはできないものの、普段のお手入れはほ~んとラクですよ。