読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニピンがくれたトイプードルとのご縁

虹の橋に旅立ったミニピンのりゅうがトイプードルのクッキーちゃんとのご縁をつないでくれました。

ひな祭りにいたずらしちゃったトイプードルのクッキーちゃん

今日は3月3日。ひな祭りです。

トイプードルのクッキーちゃんと飼い主さんが、昨日、私の家に来ておしゃべりしていたんですね。

「明日はちらし寿司をつくって、息子の家に持っていく」と。

女の子のお孫さんがいらっしゃるので、ひな祭りのお祝いをするんですね。

ひなケーキはお嫁さんのお母さまが買ってくださるそうです。もう、雛人形も飾っているとのことでした。

両家のおばあちゃまから、かわいい孫へのプレゼント。微笑ましくて、ほっこりします。

そういうわけで、昨日から、ちらし寿司の下準備をしていらして。錦糸卵をつくったり、高野豆腐を刻んだり。

クッキーちゃんと遊びながら、そんなお話をしていたんです。

そして、今日。

お昼時に「ピンポーン」とインターホンが鳴りました。クッキーちゃんの飼い主さんでした。

ちらし寿司のおすそわけです。我が家の分までつくってくださるなんて、ありがたいことです。「今から、息子の家に行ってきまーす」と言って、出かけられました。

いただいたちらし寿司はこういう容器に入っていました。さぁ、ここで、いたずら好きのおてんば娘の登場です!

プラスティックの容器に入っているちらし寿司

おすそわけの容器

お皿やタッパーなどに入れておすそわけをすると、器をお返しするときに気をつかいますよね。まさか、カラで返すわけにもいかないですし。何か気の利いたものをいれないと……と考え込んでしまったりして。

クッキーちゃんや飼い主さんと仲良くなってから、スイーツやもらいものなど、ちょっとしたものをやり取りするようになっているんです。

でも、返さなければいけないような器は使わないようにしています。

スイーツのおすそわけならば、入っていた箱を切り取って、ちょうどいい大きさの容器をつくったりしてね。

いただいたちらし寿司も、よくあるプラスティックの容器に入っていました。

いたずら好きのトイプードル

容器にちらし寿司をいれようとしたところ、プラスティックの透明な蓋をクッキーちゃんがいたずらして、ガジガジとかじっていたんですって(笑)

「あーっ!何してんの、もうっ」という声が聞こえてきそうです。

ちょっとでも油断していると、こういうことになってしまうんですよねぇ。ミニチュアピンシャーのりゅうもいたずらばっかりしていました。

「あっ!!!」と叫ぶことなど、日常茶飯事でしたから。

愛犬のしつけをする機会を逃すと、ずーっとこういう生活が続くのです。

いたずらっ子のトイプードルちゃんのおかげで、容器の蓋は使えなくなってしまい、代わりにサランラップで包んでありました。

やってくれるわ、クッキーちゃん。

手作りのちらし寿司

市販の食べ物は何度もやり取りしたことがありますけれど、手作りのお料理をいただいたのは初めてのことです。

今夜、さっそくいただきました。

手作りのちらし寿司

高野豆腐、たけのこ、かまぼこ、ニンジン、しいたけ、ちりめんじゃこ、きぬさや、海苔と、たくさんの具がはいっていて、とってもおいしかったです。甘すぎず、酸っぱすぎず、ちょうどいいお味でした。

具材の一つ一つがすごく細かく刻んであって、お孫さんへの愛情を感じました。まだ、ちっちゃいから、食べやすいように細かく刻んであげているんですよね。

錦糸卵の黄色としょうがのピンク色、きぬさやの緑がきれいで、春を感じさせてくれます。

雛人形

我が家には7段飾りの雛人形があります。ずっと1階の部屋に飾っていたのですが、犬を飼い始めてから事情が変わりました。

雑種のごん太は2階には上がらない犬だったので、雛人形を2階の部屋に飾るようになりました。ごん太が亡くなって、しばらくしてから、ミニピンのりゅうが我が家にやってきました。

りゅうは自分で階段を上って2階に上がります。なので、2階にも雛人形を飾ることができなくなってしまいました。

ごん太はともかく、やんちゃな悪ガキのりゅうの手にかかると、雛人形など一瞬にしてグチャグチャになってしまいますからねぇ。

しつけがきちんとできているワンコだと、お人形にいたずらすることもないのかな。

犬用のひな祭りケーキ

メスのワンコを飼っているご家庭では、用のひな祭りケーキを用意されることもあるみたいですね。

うちは2匹ともオスだったので、ひな祭りのケーキという発想は、まったくありませんでしたけど。

生クリームや砂糖、保存料など、愛犬の身体に悪いものは一切使わずにつくられているケーキもあります。放射能検査まで行われているものまであって、感心してしまいました。

愛犬に与える食べ物がどういう素材でつくられているのかって、自分が食べる物よりも気になりますものね。

犬用のケーキによく使われているのが馬肉鹿肉です。馬肉や鹿肉って、かなり食いつきがいいみたいですね。普段、ドッグフードをあまり食べない子でも、パクパクッと食べきってしまうという感想をよく見かけます。

我が家の2匹の愛犬には、馬肉や鹿肉を食べさせたことはありませんでした。もっと早くに、こういう情報を知っていたらなぁ。ごん太やりゅうにも食べさせてあげたかったです。

市販のドッグフードはダメだって決めつけてしまっていましたから。

愛犬と一緒に楽しむイベント

雑種のごん太もミニピンのりゅうも、あまり写真が残っていないんです。2匹とも、カメラを向けると、すご~く嫌そうで、不機嫌になっていました。嫌がるので、あまり撮らなかったんですね。

それでも、もっとたくさん写真を撮っておけばよかったなぁと、今となってはよく思います。

犬用につくられた、かわいらしいひなケーキなんかを見ていると、「こういうのって、後ですごくいい思い出になるんだろうな」と思って、ちょっと寂しい気持ちになります。

ごん太やりゅうが元気なときに、もっともっといろんなイベントを一緒に楽しんで、写真に残しておけばよかった……。

でも、私の心の中には、ごん太やりゅうの姿が今もハッキリと残っています。愛犬たちと過ごした、かけがえのない日々の思い出が。