読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニピンがくれたトイプードルとのご縁

虹の橋に旅立ったミニピンのりゅうがトイプードルのクッキーちゃんとのご縁をつないでくれました。

犬の命日に供える花は愛犬に似合うかわいらしい色合いで

8月下旬、夏が終わろうとする頃に、愛犬のりゅうが旅立ちました。 早いもので、今年で4回目の夏が過ぎました。あの日のことは、今でも詳細に覚えています。 もう、助からないかもしれないという状態のりゅうを、連日、病院まで抱えて通っていました。大きな…

愛犬のぬいぐるみに癒される母と娘

ミニピンのりゅうは、生前、ミニチュアピンシャーのぬいぐるみをお供にしていました。 例えば、こんな風に。 自分の寝床に連れて行って、同じ格好でくつろいでいます(笑) 愛犬のぬいぐるみを手作りする りゅうがまだ幼犬のころは、市販のぬいぐるみを買っ…

愛犬が死んだら喪中はがきを出しますか?私はこうしました

いつも側にいた愛犬を亡くした哀しみというのは、経験した人にしかわからないものです。家族の一員であった大事な大事な愛犬の死。 人が亡くなったのと同じくらい、いえ、それ以上に悲しくて。なかなか通常の生活に戻ることができなくなってしまうこともあり…

かわいがっていた犬との辛い別れを経験した母の意外な行動

ミニチュアピンシャーのりゅうは、赤ちゃんの頃はずっと、私と一緒にいました。でも、途中から母と一緒にいる時間のほうが長くなったんです。 ある日、畳の上に仰向けに寝転がっていた私のほうに向かって、トコトコと幼いりゅうがやってきました。そして、急…

ペットロスで苦しんでいるときに亡くなった愛犬が夢に出てきてくれました

2015年10月21日更新 亡くなった愛犬のことを想い、毎日毎日ペットロスに苦しんでいた私。 「りゅうはいったい、どこに行ってしまったのだろう」 「今はどうしているのかな、一度だけでも会いにきてくれればいいのに……」 そんなことばかり考えてしまっていま…

愛犬を亡くした私がペットロス症候群を克服した方法

ペットを飼っていると、いつか必ず訪れるのが、悲しいお別れの日。いつも側にいてくれたペットの姿が見えなくなるというつらさ、苦しさ、喪失感は、体験した人でなければわからないはず。 私はこれまでに、2匹の愛犬を見送りました。1匹目は雑種で中型犬のご…